デリヘルドライバーの自分磨き

デリヘルドライバー

実際に東京のデリヘルで働くドライバーの声

都内の人気風俗グループで働くドライバーの男性にインタビューしてきました!
今回はデリヘルドライバーの自分磨きについてです。

タクシーに乗る

東京の風俗で働くデリヘルドライバーも少なくありませんが、お店やグループから信頼され高収入を獲得するためには常に成長をしていく必要があります。そのために必要なことのひとつがタクシーなどに乗るということです。タクシーも同じく人を乗せて運転する職業であるため、似た仕事であるデリヘルドライバーにとって参考にできることは多いと思います。タクシーの運転手でも様々なタイプがいますので、「お客さん」として乗車し見習うべきところは見習い、悪い部分に関しては反面教師のように考えるのが良いかもしれません。休日の少しの時間でも良いのでお金と時間に少し余裕があるときは、タクシーに乗ってみても良いでしょう。

知らないところをドライブ

デリヘルドライバーは女性をお客さんのもとに送迎する仕事であるため、時として全く知らないエリアに行かなければならないこともあります。運転の経験が少ない人であれば道路標識を確認できなかったり、そのときの状況に対応できずパニックに陥ってしまうことがあるかもしれません。このようなことが無いように休みの日などは、普段行かないような街へドライブに行くのも良いでしょう。気分をリフレッシュさせるのはもちろんのこと、知らない道を運転することで経験を積むことができデリヘルドライバーの仕事にも活かせることが見つかるかもしれません。そして色々なところを運転しているということが自信につながって、時間を守った良い運転ができてお店からの評価も上がり高収入獲得につながることもあります。

他の仕事も手伝う

東京風俗の中にはデリヘルドライバーとしての仕事だけでなく、受付やweb運営などといった仕事を行わなければならないこともあります。面倒だと思う人もいるかもしれませんが、実は色々な視点でお店の状況を知ることができるためデリヘルドライバーにとってプラスになることも多いです。受付をすることでどういったお客さんが利用しているか分かりますし、予約状況を見て全体の状況を知ることもできます。またweb運営をすることによって集客をするための手段なども分かるので、風俗店のことや仕事を違う角度からとらえることができるでしょう。それだけにデリヘルドライバーの仕事が少ないときは、自分磨きのため積極的に仕事を手伝ってみても良いかもしれません。

関連記事

関西の良いデリヘルドライバー求人

高級店におけるデリヘルドライバー

デリヘルドライバーとしてのタブー

送迎ドライバーが働きやすい環境

横浜デリヘルドライバー求人の注意点

風俗ドライバーが気を付けること