デリヘルドライバーの働き方

デリヘルドライバー

デリヘルドライバーはどのように働くべきか

最近では移動型風俗が増えているため、デリヘルドライバーを募集するお店が増えています。
今回はそんなデリヘルドライバーの働き方について考察しました。

一般の仕事と掛け持ちをする

デリヘルドライバーの中には一般の仕事と掛け持ちをする人も少なくありません。デリヘルドライバーは風俗店の職種の中でも、アルバイトとしての募集が多いという特徴があります。そのため店長幹部候補・受付といった職種に比べ、自分の都合に合わせて出勤できるケースが多いです。職場によっては週1日・1日3~4時間という出勤もできるので、副業として働く人も増えてきています。

そのため一般の仕事をしながら、デリヘルドライバーとして働くという方法も取れます。土日祝日など会社が休みの日だけ仕事をする・会社の終わったあとの夜の時間に働くなど、その人の都合に応じた働き方ができるでしょう。デリヘルドライバーは求人誌やサイトで募集されている一般業種よりも給料が良いので、普段の仕事でもらえる給料プラスアルファが欲しい人にもオススメです。

資格勉強の合間に働くデリヘルドライバー


自分の都合に合わせた出勤ができるデリヘルドライバーは、失業中で仕事を探す間のつなぎ・資格勉強の合間の仕事などにも向いています。弁護士など高収入を獲得できる職業に就くための資格勉強をする人にとっては、空いた時間を有効活用して稼げる・勉強の息抜きになるなど良い部分も多いです。昼間は勉強をして、夜などの時間にデリヘルドライバーの仕事をするということもできます。

デリヘルドライバーは職場によっては週1日でも働けるので、一週間のうちでどこか予定を開けて仕事を行っても良いでしょう。普段はしっかりと資格勉強を行い、週1日など時間を決めて仕事を行うということで、メリハリをつけて勉強に取り組めるというメリットもあります。そのため資格勉強を効率良く行うという点でも、デリヘルドライバーとして働くのは良いことといえるかもしれません。

両親の介護をしながら働く


週1日など時間を決めて仕事ができるため、両親の介護などをしている男性にとってもデリヘルドライバーの仕事は魅力的です。日中は両親の介護を行い、夜の時間を使って仕事ができるので、介護を行いながらもお金を稼ぐことができます。都合に合わせて仕事のできる職場が多いので、自分のペースで働けることも魅力です。