水戸デリヘルドライバー求人

水戸デリヘルドライバー求人を紹介

こちらでは、水戸のデリヘルドライバー求人をご紹介しています。

水戸ってどんなところ!?

水戸市は、茨城県の中部に位置する県庁所在地で、施行時特例市として認定されています。名産物として1番有名なのは、やっぱり「水戸納豆」ですね。観光客が購入してゆく姿が多々見受けられます。水戸中心市街地は水戸駅周辺南北に位置し、常磐線北側の台地上を上市(うわいち)、水戸駅から東の下町を下市(しもいち)という。繁華街は水戸城跡のある駅北口方面に形成されており、その一帯に水戸市の有名どころ、ソープランドなどが立ち並ぶ歓楽街があります。その中心を国道50号が東西に貫いており、国道50号は片道二車線で右側レーンが通行路、左車線は一部バス専用レーンの時間帯があります。また近年駅南と呼ばれる駅南口およびその周辺の再開発が行われています。水戸駅北口には駅ビルEXCELや北口再開発ビル「MYM(マイム)」があり、そこから延びるメインストリートでは、ボンベルタ伊勢甚水戸店跡が周辺建物を含め再開発され、向かいにあった水戸京成百貨店(現・京成百貨店、泉町1丁目)が移転して開業しました。しかし、2003年(平成15年)2月20日に泉町1丁目の百貨店「ボンベルタ伊勢甚水戸店」が閉店し、2005年(平成17年)10月31日にはダイエー水戸店が閉店、2009年(平成21年)3月31日にはLIVIN水戸店が閉店、そして旧ダイエー水戸店跡に2007年(平成19年)10月19日に開業した「MIMO」(ミーモ、) が2013年(平成25年)4月21日に閉店したほか、サントピアも閉店するなど大型店が相次いで閉店するという悲劇に見舞われました。なお、移転で空いた旧水戸京成百貨店ビルを伊勢甚本社が取得し、泉町1丁目北地区市街地再開発準備組合による再開発事業の対象地の中核となっていて、水戸市民会館が移転する計画が進められている。

水戸でデリヘルドライバーとして働くメリット

水戸市の繁華街・歓楽街の中で、やはり1番有名なのは水戸のソープランド街といえるでしょうね。ソープランドが立ち並んでいるエリアで、派遣型風俗店の需要なんてあるのか?と、疑問をもった方もいらっしゃると思います。しかし、意外にも需要があるんです。何故ならば、ソープランドは条例によって早朝〜0時までの営業しかできません。一方、派遣型風俗店が賑わい出すのは?そう!ソープランドが営業終了後の深夜帯なのです!時間帯が被らない分、深夜はこちらが総なめ、というメリットがあります。そんな水戸でぜひ、デリヘルドライバーとして働いてみてはいかがでしょうか?
茨城ラブホテルはこちら

関連記事

NO IMAGE

土浦デリヘルドライバー求人