CATEGORY:岡山デリヘルドライバー求人

岡山デリヘルドライバー求人

岡山デリヘルドライバー求人を紹介

こちらでは、岡山のデリヘルドライバー求人をご紹介しています。

岡山ってどんなところ!?

瀬戸内の気候と地勢を背景に古代より独自の文化圏としての歴史を有し、現代でも中国・四国地方の交通網の要衝として発展を続けています。県庁所在地の岡山市は2009年4月1日、全国で18番目の政令指定都市に移行しました。古代、沿岸域から内陸地域にかけては「吉備国」として、現在の広島県東部に位置する備後地方や香川県島嶼部などとも併せて大和朝廷に並ぶほどの勢力を成していました。江戸時代初期には岡山に池田氏、津山に森氏が外様大名として入封し、城下町を形成していたとされ、特に池田綱政は日本三名園の後楽園を造成し、閑谷学校を開くなど、文化・教育面に多大な功績を残しました。倉敷には寛永19年に代官所が置かれ、江戸幕府直轄の物資集積地として船舶輸送中継も担う天領として発展したといわれています。県内を南北に流れる3つの一級河川(高梁川・旭川・吉井川)による潤沢な水源、温暖で長い日照時間、江戸時代から昭和にかけての干拓によってもたらされた広い農地を背景として、水稲や麦、果樹の生産が盛んです。特に白桃、マスカット、ピオーネなどは生産量日本一であり、品質の高さから国内外に向けて高値で出荷されています。また、県北の標高1,200mに位置する蒜山高原では、ジャージー牛の大規模な放牧が行われており、チーズやヨーグルトやアイスクリーム等に加工されています。県庁所在地における快晴日数の多さや降水量1mm未満の日数が全国最多であることから、1989年(平成元年)から「晴れの国 おかやま」を県のキャッチフレーズとしています。

岡山でデリヘルドライバーとして働くメリット

岡山には不思議なことに店を構える風俗店が数えるほどしか無いのです。驚く程、夜の街は質素なたたずまいであり、しかも、岡山にはソープランドと称されるお店の実態は、なんと本番無しのサービスだそうです。なんでこんな紛らわしいことになっているのか?それは、岡山は条例が厳しく、そもそも個室型の風俗店が営業できないことが大きく関係しています。店舗型風俗店が少ない分、デリヘルの数は四国、中国地方の中で群を抜いて多いのです!まさに、デリヘルドライバーとして働いてみたい方にはうってつけのエリアといえます。そんな岡山でぜひ、デリヘルドライバーとして働いてみてはいかがでしょうか?