東京で働くデリヘルドライバーが守るべきこと

デリヘルドライバー

実際に東京のデリヘルで働くドライバーの声

都内の人気デリヘルで働くドライバーの男性にインタビューしてきました!
今回はデリヘルドライバーとして働く上で守るべきことです。

安全運転

デリヘルドライバーが守らなければならないもの。それは車に乗せている女性です。お客さんが待っているホテルや自宅に連れて行く・接客の終わった女性を事務所まで送る・仕事の終わった女性を自宅まで送り届けるなど、デリヘルドライバーには女性を乗せるシーンが数多くあります。ランキングに入る売れっ子・まだ人気を獲得できていない新人など風俗店には様々な女性が在籍していますが、彼女たちはお店の売上を支える大切な存在です。ちなみに彼女たちがいなければデリヘルドライバーのお給料も支払われません。そのため女性を目的地まで安全に連れて行くことがデリヘルドライバーに求められることです。事故を起こさないことはもちろんですが、荒っぽい運転で女性が酔ってしまい良いコンディションで接客できないという事態も避けなければなりません。それだけに東京などで働くデリヘルドライバーは、安全運転を心掛ける必要があると言えます。

時間

デリヘルなどの移動型風俗店で守らなければならないことのひとつとして時間があります。時間はお店にとってもお客さんにとっても重要なことです。まずお店は女性が少しでも多くの男性に接客ができるようスケジュールを組んでいます。それはひとりでも多くのお客さんに接客することが、女性のお給料だけでなくお店の売上にも関わってくるからです。だからこそ状況によっては分刻みといったタイトなスケジュールとなることもあります。また風俗を利用する男性の中には、たまたま空いた時間を使って利用している人も少なくありません。普段は忙しいのでその時間しか利用できない・用事の前なので間に合うように終わらせたいという人もいます。このようなことがあるためデリヘルドライバーは時間を守らなければなりません。もし遅れてしまうとお店の売上や女の子のお給料に影響し、お客さんからのクレームなどにつながります。だからこそデリヘルドライバーはそのようなことも考えながら運転する必要があると言えるのではないでしょうか。

道路標識

東京で働くデリヘルドライバーは道路標識を守って運転しなければなりません。中には「信号を守れば良い」「周りを見て問題がなければ標識は関係ない」などと思う人もいますが、それを守らないことで起こるデメリットは大きいと知っておいた方が良いでしょう。道路標識を守らないで運転していると、ときとして警察の検問にひっかかることもあるのです。その際に注意を受け書類を書かなければならないので、最低でも10分前後の時間のロスが生じてしまいます。それを取り戻すために飛ばしていると事故につながりやすくなりますし、女性もお客さんに対して気を遣って接客しなければなりません。またお金が全くないタイミングで罰金を支払うのも痛手ですし、お店の車のナンバーを控えられるのはお店としても良くありません。このようなリスクがあるので東京で働くデリヘルドライバーは道路標識をしっかり守る必要があるのです。
東京デリヘルドライバー求人はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です