東京で働くデリヘルドライバーに必要な道具

デリヘルドライバー

実際に東京のデリヘルで働くドライバーの声

今回は都内の人気デリヘルで働くドライバーの男性にインタビューしてきました!
ここではデリヘルドライバーとして働く上で、必要な道具について書いています。
働くお店によっては自分で車を用意することもあるため、快適に仕事をするだけでなく自分の身を守るために用意しておいた方が良いかもしれません。

カーナビ

東京で働くデリヘルドライバーに限らず、車を運転する仕事をする人にとって必要なもののひとつがカーナビです。中には運転する地域の地図が全て頭の中に入っているという人もいます。ただ郊外にあるホテル、入り組んだ路地の中にある自宅、お店のある街とは違う地域など様々なところに行く必要があるデリへルドライバーの場合は、道に迷うのは避けなければならないことなのでカーナビは必要となります。それに最近のカーナビの中には渋滞情報を教えてくれるものも多く、混んでいる道を避けて現時点での最短ルートを導き出してくれるものも。時間を守ることが重要なデリヘルドライバーだからこそ、知らない道を教えてくれてなおかつ渋滞を回避できるカーナビは必要な道具と言えます。

ドライブレコーダー

最近ではタクシーやバスなどに設置してあることも多いドライブレコーダー。お客さんとのトラブルを避ける・自分の運転に非がなかったことを示すなどといったメリットのある道具です。そんなドライブレコーダーですがデリヘルドライバーの場合は少し別の意味合いで必要となります。それはお店の女の子とのトラブルを防ぐため。女の子の中には「車の中でドライバーに変なことをされた」とお店のスタッフにいう子もいます。こちらとしては身に覚えのないことでも、それで減給や最悪の場合は解雇となったり賠償金を支払う事態に発展することもあるのです。そんなときにドライブレコーダーで「何もやっていない」と見せることができれば最悪の事態を回避できると思います。このようなことが起こる可能性がゼロではないだけに、自分の身を守るために用意しておいた方が良いでしょう。

非常食

これは道具とは違いますがいざというとき、簡単に食べることのできる食料があると良いでしょう。デリヘルドライバーはときとして休む間もなく運転して、食事をする時間を取れないこともあります。車の運転は神経を使うためお腹が減ることも多く、それが理由で安全運転ができないという事態は避けたいところです。そのためコンビニで買えるゼリー飲料やお腹にたまるクッキーなど、すぐに食べられるものを用意しておくといざというときに安心ですよ。
東京デリヘルドライバー求人はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です